Home > インフォメーション

インフォメーション

この言葉に注目【7】 冠詞の a に気をつけて!

みなさん、こんにちは。

やっと、あのとんでもない雪が過ぎ去り

春の到来です。Spring has come!

今回は(おそらく)最も有名な a の話をします。

 

1969年7月20日、アメリカのアポロ11号が月面に

着陸し、アームストロング船長が人類として初めて

月面に降り立ちました。この時のあの「名言」が

物議をかもしたのです。


船長は次のように言ったつもりだったが

That's one small step for a man,

one giant leap for mankind.

「これは一人の人間には小さな一歩だが、
 
人類にとっては巨大な飛躍だ」
 
 
実際の音声からは a が聞き取れず、
 
以下の様に発表されてしまったのです。
 

 

That's one small step for man,

one giant leap for mankind.

これだと、無冠詞のman = mankind「人類」

となってしまい

せっかくの<個⇔全体>の対比がだいなしです。

 

その後、船長がミスって a を落としたとか、いや、

実は a を言っていたが電波状況が悪く

聞こえなかったとか、いろんな意見が出ました。

(実際の録音がネット上で聞けますよ)

 

船長の希望で、最終形として残された言葉は・・・

That's one small step for [a] man,

one giant leap for mankind.

 

なかなかお茶目じゃありませんか!

 

質問・相談など、遠慮なく  (・_・)V

金沢中央予備校 藤田登久

t-fujita@urayama.ac.jp 

2021年3月 9日 | |

ページトップへ