Home > インフォメーション

インフォメーション

この言葉に注目【5】 Black lives matter

こんにちは。

ブログのタイトルを「この言葉に注目」

に変えましたので、よろしくお願いします。

 

ニュースで有名になった

Black lives matter (=BLM) を取り上げます。

 

Black「黒人が」 lives「生きる」 matter「問題」

=黒人の生存問題・・・ではありません。

強引にわざと間違えてみました。正しくは

Black「黒人の」 lives「命は」 matter「重要だ」

ここでのmatterは動詞なんですね。

 

これは受験生にはおなじみの重要構文です。

It matters little if he is a black.

「彼が黒人かどうかは大した問題ではない」

この if は「~かどうか」、It (形式主語)= if 以下

little は 動詞の前で「まったく~ない」という副詞

 

実はこのBLM運動は、2020年5月のいわゆる

「ジョージ・フロイド事件」をきっかけに生まれたのではなく、

それよりも前、2012年2月に米・フロリダ州で起きた

アフリカ系アメリカ人高校生の射殺事件が

きっかけとなっています。

 

1950年代からのアメリカにおける公民権運動は

今のアメリカと直結する重要な歴史です。

 

質問・相談など、遠慮なく  (・_・)V

金沢中央予備校 藤田登久

t-fujita@urayama.ac.jp)  

 

 

2021年2月20日 | |

ページトップへ