Home > インフォメーション

インフォメーション

気になる英語表現④ anonymous

みなさん、こんにちは。

数年前、ニュースでよく取り上げられていたこのお面の集団を覚えておいでかな?

 

16世紀イングランドにおいて、国王暗殺を企てた罪で極刑に処せられた人物

Guy Fawkes(ガイ・フォークス) の相貌を模した仮面は、

国際的ハッカー集団 Anonymous(アノニマス) のシンボルとして有名。

 

先日、たまたまトランプ大統領のツイッターを見ていたら(どんな趣味や)、

The Washington Post is constantly quoting "anonymous sources"

that do not exist.  Rarely do they use the name of anyone

because there is no one to give them the kind of negative quote

that they are looking for. というツイートに目が止まった。

【ワシントンポストは常に存在しない「匿名の情報源」から引用する。

彼らは(情報源として)誰かの名前を使うことはない。なぜなら、

彼らが求めているような(私にとって)否定的な種類の引用を、

彼らに提供してくれる人などいないからである】

 

大文字の Anonymous は国際的ハッカー集団の名前。

小文字の anonymous は「匿名の / 作者不明の」という形容詞。

例文 : The donor wishes to remain anonymous.

      (寄贈者は匿名を希望している)

 

小学校「高学年」レベルとも揶揄される、トランプ大統領の英語の文章。

特にツイッターは読みやすいので、ときどき覗いてみてはいかが?

 

金沢中央予備校 藤田登久

 

ご意見・ご感想など、こちらまでお願いいたします。

⇒( t-fujita@te.urayama.ac.jp

 

これまでの「気になる英語表現」はコチラから▽▽▽

気になる英語表現① 不可逆的

気になる英語表現② Beat the odds!

気になる英語表現③ out-"crazy"

2018年7月27日 | |

ページトップへ