Home > インフォメーション

インフォメーション

気になる英語表現② Beat the odds!

みなさん、こんにちは。

5月4日の①からずいぶん日がたってしまいました。

①では「不可逆的に irreversibly」に注目しましたが、

今日にいたるまで、米朝関係は「可逆的に reversibly

進んだり戻ったりしているようです。今回は

そんな国際情勢とは無関係な、ある表現を取り上げます。

 

先日、何気なく自宅のテレビをザッピング zapping していると、

(おそらく)アメリカの、とある空き地を囲む木のフェンスに、

スプレーで何か文字が書いてありました。 Beat the odds!

 

【参考】 塀にスプレーで落書きされた。

         = Someone has sprayed graffiti on our walls.

 

この表現 beat the odds を知らなかったので調べてみると、

「逆境に打ち勝つ、形勢を逆転する」という意味でした。

odds は競馬中継などでおなじみの「オッズ=賭け金に対する配当率」、

そこから、「(勝利の)見込み、可能性」へと展開したと思われます。

 

観客が馬の勝利を予測して馬券を買うように、社会が買うあなたの可能性、

当然、極めて低い可能性=「こいつの勝ちはないだろうな」、これこそが

「逆境」であり「不利な形勢」なのです。それを・・・打破する。

受験生ならずとも、逆境なんかぶっ飛ばせ! 

Beat the odds!

 

金沢中央予備校 藤田登久

 

ご意見・ご感想など、こちらまでお願いいたします。

⇒( t-fujita@te.urayama.ac.jp

 

このほかの「気になる英語表現」はコチラから▽▽▽

気になる英語表現① 不可逆的

気になる英語表現③ out-"crazy"

 

2018年5月31日 | |

ページトップへ