Home > インフォメーション

インフォメーション

英語で学ぶ名言⑤   

受験生のみなさん、こんにちは。

今日(2/25)はほとんどの国公立大学で「前期試験」が行われており、

それが済んだら、ごく一部の「中期試験」、そして「後期試験」となります。

今までの練習の成果を十二分に発揮してがんばってください!

 

アメリカの漫画家、チャールズ・シュルツ(1922-2000)の漫画

『ピーナッツ』に登場するビーグル犬・スヌーピー(Snoopy)については、

せめてその名前くらいはご存知ですよね?

では、以下の会話の空欄に入る適当な単語を考えてみてください。

 

ルーシー

 Sometimes I wonder how you can stand being just a dog ... 

 時々、あなたはどうして犬なんかでいられるのかと思うわ...

スヌーピー

 You play with the cards you're (d     )...   Whatever that means.

 

the cards の後ろに関係代名詞の空席を感じ、you're = you are なので

「あなたが d・・・している カード」あるいは「あなたが d・・・された カード」となる。

play cards (トランプをする)、スヌーピーが犬であることは自ら選び取った

わけではなく、自分の意とは無関係に設定された初期値なので、

配られたカードで勝負するっきゃないのさ...それがどういう意味であれ」

答えは deal (人にカードを配る)の過去分詞 dealt となる。

 

「配られたカード=才能」とするならば、才能の多寡を嘆いてもしょうがない。

後は腹を決めて、やるだけのことをやる、そんな開き直りの言葉かな。

犬には犬の意地があるワン!

 

金沢中央予備校 藤田登久

  (ご意見・ご感想など⇒ t-fujita@te.urayama.ac.jp

 

 

2018年2月25日 | |

ページトップへ