Home > インフォメーション

インフォメーション

**合格体験記 第①弾**

合格おめでとうございます

 

 

✿熱海 裕貴くん(金沢泉丘高校卒)総合コース所属

 

○群馬大学(医学部・医学科)・・・合格(進学)

 

私はこの予備校に入る前は、石川県内の予備校で質の良い授業は受けられないものだとあきらめており、予備校選びも消極的なものでした。しかし、実際に入学してみるとどの授業も質が良く、自分で他に特別な勉強をする必要はありませんでした。

授業を真面目に受け、できなかったところや不安要素の残るところに印をつけ、一週間後に復習し、長期休み時間に総復習をする。先生方はただ頻出の問題を寄せ集めるのではなく、あらゆる問題を解くために必要な思考を教えてくれるので、そのようなことをするだけでかなりの実力が付いたと思います。

センター試験で思うように点数が取れず、二次の数学で緊張から俗にいう大爆死をして、普通なら合格が絶望的な状況でしたが、他の教科で普段通りの実力で他の受験生を圧倒できたのが勝因だったと思います。

また、予備校の先生方は手厚くサポートしてくれたので、それを無駄にはできないという思いも最後に自分を助けてくれた気がします。最後に、支えてくれた家族や友人、高校、予備校の先生方、事務の三宅さん、清掃員の方に感謝を伝えて締めたいと思います。

 

 

 

✿中山 航くん(金沢桜丘高校卒)総合コース所属

 

○和歌山県立医科大学(医学部)・・・合格(進学)

 

私が医学部に合格することができたのは、金沢中央予備校の先生方に出会えたからだと考えています。私が予備校に入学した当初は、医学科は雲の上のような存在であり、学力が全く足りませんでした。そして高校生の時、我流で勉強し、基礎が無いのに問題ばかりを解いていた失敗を踏まえ、次のようなことを意識して勉学に励みました。

一つは、基礎を徹底して身に付けることです。その上で最も重要視したのは教科書です。また、特に理科の授業で感じましたが、先生は教科書には書かれていない事象の根本まで教えてくださり、その事柄に関してさらに理解を深めると同時に、考える力を養うことができ、圧倒的な基礎力を身に付けられたと考えています。

もう一つは、先生方を信用することです。入学式の時に、校長先生が「信じることが学力の伸びに比例する」とおっしゃったことに感銘を受け、そのようにした結果、学力はぐんぐん伸びていきました。

金沢中央予備校の先生方には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

 

 

✿村田 陽菜乃さん(金沢錦丘高校卒)総合コース所属

 

金沢大学(医薬保健学域・保健学類-看護学)・・・合格(進学)

藤田保健衛生大学(医療科学部・看護学科)・・・合格

○京都橘大学(看護学部・看護学科)・・・推薦合格

 

金沢中央予備校で一年頑張ろうと決めた時、この一年、絶対に後悔しないという思いでした。毎日そう自分に言い聞かせ、自分を奮い立たせていました。まず私は、起きる時間と寝る時間と勉強開始時間を固定しました。そうすることで生活リズムを整えて毎日ベストが出せるよう、体調管理に気を付けました。また、バスに乗っている時や、予備校までの道のりを歩いているときなどの隙間時間には、英単語帳や英熟語帳を開いて有効に利用しました。学校の授業、予習、復習を毎日しっかりとやり、分からないところがあれば予備校の先生に質問しました。金沢大学実戦問題テストでは本番さながらの問題を解くことができ、本当に役立ちました。藤田先生は試験前日まで英作文を添削してくださりました。それが自信につながったと思います。

金沢中央予備校の先生は本当に親身に相談に乗ってくださり、一つ一つ丁寧に指導してくださりました。先生方、事務の方、掃除の方、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。金沢中央予備校にして心から良かったと思っています。本当に有難うございました。

 

 

✿武渕 明裕夢くん(金沢錦丘高校卒)総合コース所属

 

○東京農工大学(農学部・応用生物科学科)・・・合格(進学)

明治大学(農学部・生命科学科)・・・合格

 

金沢中央予備校に入学してから11月頃までは自ら考えて取り組む勉強はほとんどなく、ただ授業の予習・復習をしっかりとこなすだけで点数が上がりました。英語は毎週行われる英単語熟語テストで高得点を維持し、授業で解説する英文法・長文読解のコツを身に付けていくと、センターだけではなく、二次試験にも対応できるまでになっていました。数学は授業が難しく、何度か解法を忘れてしまうことがありましたが、重要な点は授業で繰り返し説明してもらえるので理解することができました。難しい問題を自分で時間をかけて考えて解くことで、数学的思考力が身についたと思います。センター試験前は、過去問を冬期講習で多くの問題を解き、苦手分野を見つけ、それを無くしていくことで点数が上がりました。二次試験は、過去問に加え、先生方が志望大学に合わせて問題を作ってくださり、十分に対策ができたので本番では落ち着いて問題を解くことができました。

予備校生活中、思い通りの結果が出なくて辛い時期もありましたが、諦めず勉強を続けて本当に良かったです。

 

 

2017年3月 9日 | |

ページトップへ