Home > インフォメーション

インフォメーション

合格を振り返る(合格体験記からみる合格ポイント)

桜素材.pngのサムネール画像

 

✿南部紗里さん(金沢錦丘高校卒)総合コース所属

東京外国語大学(言語文化学部・ポーランド語)合格

 

 

私は一年前も同じ大学・学部(ポーランド語)を受けたのですが、その時は最後までE判定を克服できず落ちてしまいました。この一年という時間だけで合格できたとは思っていません。この金沢中央予備校ではたくさんの方に支えられましたし、頑張れる環境がありました。

 

例えば学校の中がいつもキレイだということです。毎日掃除の方が2~3時間かけて掃除をしてくださいます。②ほこり一つないピカピカな床のおかげで毎日気分新しく一日を始めることができました

 

また、先生方の支えはとても大きかったです。③受験だからといってキリキリした所は無く、穏やかで気さくな方が多かったので、人見知りの私でも色々なことを質問できました。実は私は前期入試の前に受けた私立はすべて落ちました。とても落ち込んでいたのですが、④先生方は毎日英作文の添削をしてくださり、私ひとりのリスニングに1~2時間毎日付き合ってくださり、最後まであきらめずに頑張れました

 

私は本当にただの凡人ですが、⑤この大学に対する熱意は誰にも負けていなかったと思います。私の夢を信じてくださった方の支えで私は夢を叶えることができました。

 

 

 

<合格体験記から見る南部さんの合格ポイント>

 

point02-003.png

① センター試験の点数は前年度+90/900点で,センターリサーチではB判定(合格率60)-4点でした。二次の配点が大きいとはいえ,センター試験でここまで持ってこられたのは大きかったと思います。

 

point02-003.png② 年季の入った校舎ですが,校舎内の清掃は欠かしません。勉強をするのにも環境が大事!毎日の勉強が捗る環境づくりをしています。また,毎朝声をかけてくれる掃除のおばさんの温かさも大きな支えになったようです。

 

point02-003.png③ 学習スケジュールや生活のリズムの中で,自然な「緊張と緩和のバランス」が集中力や能率のアップにつながります。また,自分の言葉だけではなく他者の言葉(質問に対する答え)を理解することは,広い意味でのコミュニケーション能力を高め,点数のとれる答案の作成に大いに役立ちます

 

point02-003.png④ さすが東京外大。二次試験の難しさは半端ではありません。特にリスニングで,英語による講義を聞き→内容を英語で要約(200)し→それに関する課題について意見を英語で書く(250)問題は,複数の英語講師が協力して徹底特訓しました。ガンバってついてきた南部さんの熱意が合格を勝

ち取りました。おめでとう!

 

point02-003.png

⑤この気持ちは本当に大切!!もしかしたら一番のポイントかもしれません!

 

2016goukaku.JPG
チューター(担任)と一緒に記念撮影☆

  

桜素材.pngのサムネール画像 

 

 

 

2017年3月 9日 | |

ページトップへ